ちとしぃのブログ

ちとしぃという名前でブログ書いてます。

小学生も大人も楽しめる夏休みのおすすめスポット!カップヌードルミュージアム大阪池田にぜひ行ってみて!

いよいよ夏休みがはじまりますね!

 

昨年、子供のためにも社会見学的なスポットはないかなー?ということで、大阪府池田市にある『カップヌードルミュージアム』に行ってきました。

 

f:id:chitocie:20190716200709j:plain

 

あまり下調べもせず行ったんですが、小学生の息子も大人の私たちもすごく楽しめました!夏休みの家族のお出かけにもおすすめなので紹介します!

大阪府池田市はチキンラーメン発祥の地

インスタントラーメンの元祖・チキンラーメンは、安藤 百福(あんどう ももふく)という人が当時池田市にあった自宅の裏小屋で生み出したんだそうです。

 

その裏小屋が再現されたコーナーがあるんですが、カップラーメンの研究開発という言葉に似合わないような建物や道具で、きっとびっくりしますよ。

この裏小屋の展示はまさに『ザ・昭和』って感じです。

 

そしてそこが今の大企業の日清食品の原点というのも、あらためてすごいなぁと感じました。

 

インスタントラーメンに関する展示や体験コーナー

ミュージアムにはチキンラーメンやカップヌードルの誕生に関する展示や、これまでに発売されてきた歴代のラーメンのパッケージが展示されていたりと、子供より大人の私たちのほうがテンション上がってしまいました(笑)

 

けど、せっかくカップヌードルミュージアムに行くなら絶対おすすめなのが、体験型コーナーです!

チキンラーメンファクトリー

おなじみのチキンラーメンを自分たちで手作りできる体験コーナーです。

小麦粉をこねて麺を作るところから始めます!

 

各回50名弱、所要時間は約90分で一日4回のスケジュール。

こちらは要予約となっていますので、込み合う夏休み前に早めの予約をお勧めします。

マイカップヌードルファクトリー

一番おすすめしたいのがこれ!

自分だけの世界に一つだけのカップヌードルが作れるコーナーです。

 

なじみ深いあの白地に赤い文字のカップに好きな絵を描けるんです。

しかも、4種類のスープの味から一つ好きな味、12種類のトッピングのうち好きな4種類を選べます。

 

具の4種類はどんな組み合わせでもいいので、

 

【謎肉】【謎肉】【コロチャー】【コロチャー】の肉好きコンボ

【エビ】【エビ】【エビ】【エビ】のエビづくし

 

など、自分好みのカップヌードルがつくれます!

 ※残念ながら謎肉(正式にはダイスミンチというらしいです)は期間限定トッピングとなります。

 

入場料と駐車料金

ミュージアムの入場料

なんと、大人も子供も入場無料です!これは嬉しいですよね!

 

体験型のコーナーのみ有料になりますが、オリジナルカップヌードルを作れる

『マイカップヌードルファクトリー』は1人1カップ300円、

 

チキンラーメンを一から手作りできる

『チキンラーメンファクトリー』は小学生300円・中学生以上で500円

 

と、どちらもとってもリーズナブルです!

駐車料金

ミュージアム自体の駐車場は1時間300円の有料で、駐車枠が23台分しかありません。

満車の場合は近隣のコインパーキングに止めることになりますが、料金はほぼ変わらず、どちらに止めても駐車割引はありません。

 

ただ、歩いて5分のところの阪急池田駅前にダイエーがあり、そちらの駐車場はダイエーでお買い物2,000円以上で1時間無料、4,000円以上で2時間無料になるようなので、こちらを利用するのも手です。

おしまいに

昨年訪れた時は夏休み期間ということもあって、本当にたくさんの人でにぎわっていました。

外国からの人も多く、観光スポットにもなっているんだなぁと感じました。

 

この夏休みカップヌードルミュージアムで思い出にも形にも残る世界に一つのマイカップヌードルを作ってみてはいかがでしょうか。

 

information

■カップヌードルミュージアム 安藤百福発明記念館 大阪池田

〒563-0041 大阪府池田市満寿美町8-25

開館時間 / 9:30~16:30(入館は15:30まで)

休館日 / 火曜日

入館料 / 無料

アトラクション利用料 /

【チキンラーメンファクトリー】小学生300円/中学生以上500円

【マイカップヌードルファクトリー】1カップ300円

駐車場 / 有り(23台)※有料60分/300円